2017年04月21日

シニアファシリテーター

こんにちは、池田真茶です。

日本アンガーマネジメント協会は、私が講座を受けた2013年春から考えると
とても多くのファシリテーターとキッズインストラクターが日々生まれています。

そのため、毎年のように数多くの勉強会があったり、
講座内容が更新されると、その都度受講し直したり・・・。

本当に多くの過程を経て今に至っています。

さて、本日、1通のメールが本部からありました。
シニアファシリテーターの動画審査、無事に通過しましたとのこと。

今年もシニアファシリテーターを名乗ることが出来るとの連絡でした。
地道にやってきたことが評価されるのは嬉しいもんですね。

ファシリテーターになると、
その後、入門講座を開いたり、勉強会に出たり、イベントに参加したり。
多くの過程を経ることにより、シニアファシリテーターへの申請ができるようになります。
今では、申請の時に動画審査があるんですよね。
それらの動画審査に合格し、応用講座勉強会を受けるとシニアとして登録。
1年間シニアファシリテーターとして活動が出来るようになります。

今年からは、更新手続きにも動画審査が導入されました。
本部の方々がとても細かくチェックをして下さっており、
改善点までアドバイスをいただくことができました。

もちろん、すぐにでも活かしていこうと思います。
気持ちも新たに頑張ります。
posted by MACHA at 16:14| エッセイ・エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

1年半ぶりに

平成29年度が始まりました。

4月1日、実に1年半ぶりにアンガーマネジメント入門講座を自主開催しました。
今年は、ぼちぼちやっていこうと思います。

昨年、体調不良もあって、無理に自主講座をしようと思わなかった訳です。
しかも、昨年半ばからは、アンガーマネジメントの講座を何かしらいただき、
毎月のように入門講座の内容をお話する機会に恵まれました。
とても有難いことです。

とはいえ、自分でも準備することも大切。
基本はしっかりやらないとね。
という訳で、ほんの少しずつではありますが、今年度から復帰です。

さて、明らかに1年半前と違うことがあります。
それは、事例の中に体調不良だった時のことが入ってきたこと。

「痛み」は、すぐイライラに直結する!
だからこそ、心と体の健康が必要不可欠なんだ!
そんな話をするようになりました。

腎臓というものは、一旦悪くすると疲れやすいようです。
なので、完治した現在も、本当に健康の大切さを痛感させられています。

イライラを少しでも減らし、元気に笑って過ごせるって・・・
何よりも当たり前のようでいて、大事なことなんです。

「怒りと上手に付き合う工夫」
これからも、私なりの視点でお伝えしていきますね。
続きを読む
posted by MACHA at 17:10| エッセイ・エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

小野南中学校のホームページにて

昨年度(28年度)2月1日
授業にお伺いした小野市にある小野南中学校。
小野市は小中一貫という体制なので、中学2年生は8年生。

お伺いした様子がホームページに掲載されていました。
その部分を写真で撮りました。
小野南HP記録.jpg
小野南中学校HP参照(http://www.onominami.ed.jp/index.html

授業で衝撃的だったのは、
友達との待ち合わせに1時間待てるという生徒が多かったこと。

よくよく聞いてみると、1時間に1本しか昼間の電車がないとのこと。
仲間を信じて待つことも大事ですよね。

とても熱心に授業を聞いてくれた生徒さんたち、
今でも授業の内容覚えてくれてるかなぁ〜
posted by MACHA at 21:06| 講座・研修・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする