2015年03月02日

気持ちが沈まない魔法の呪文

先日の勉強会で、これまた話題になったことです。
「お疲れ様」って言うと、受け取った側は疲れちゃいますよ!
その言葉がとても新鮮でした。

日常の中で、ついつい使いがちな言葉。
「ご苦労様」「お疲れ様」ですが、
言葉って言霊(ことだま)って言われるくらいにパワーがありますからね。
何でもかんでも不用意に口に出すのは問題ですよね。

そこで、自分にとっても相手にとっても心地好い言葉選びが必要になってくる。
その時に「お疲れ様」って言うことはないって訳ですよ。

どうせ言うならば・・・
「ありがとうございます」などの感謝の言葉に変えてみては?
フムフム。一理ありです。
互いに気持ちが沈まないためにも良い言葉ですよね。

例えば、自分とは全く意見や価値観がちがったとしても、
相手が自分のことを思って言ってくれたことに対して
「ありがとう」とか「参考にさせてもらいます」とか。

批判的な言葉を言い返すよりも、互いに気持ちよくなる言葉を選ぶ。
不用意に相手を否定することはありませんもんね。
もし、一瞬でもイラッときてしまったら心の中で唱えてみる。
コーピングマントラとして使えそうじゃありません?

自分も相手も気持ちよくできるように・・・
言葉選び、言葉探しを始めませんか?
きっと「自分だけの魔法の呪文」が見つかるはずですよ。
posted by MACHA at 20:11| Comment(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

ツールの基本

テクニック一覧.jpg
テクニックの中心に位置するのは、この2つです。

アンガーログ
ハッピーログ
(下線の付いたものは、クリックすると説明に飛びます)

中心にある。
つまり、全てのテクニックの基本だと思ってください。
自分の傾向を知り、様々な状況に応用していくことができます。


上の半分が、短期的という位置づけです。
ここは、怒りを対処する方法が載っています。

下半分は、長期的という位置づけです。
怒りに対する体質を改善する方法が載っています。

つまり、縦軸は時間軸という訳です。

では、次回からは、区分された色別にご紹介しますね。
posted by MACHA at 01:55| Comment(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

アンガーマネジメントツール

日本アンガーマネジメント協会には、多くのツールがあります。

その1つが、怒りの無料タイプ診断です。
怒りのタイプ診断
ちなみに、私は、以下のようになりました。
四字熟語で表されているので、とてもイメージしやすくなっています。

タイプ診断.jpg

質問に答えていくだけで、簡単に自分のタイプが分かるんです。
これがね、思った以上に当たっているんで話のネタにもいいですよ。
是非、お試しあれ!

その他、今からでもすぐに実行に移せるテクニックが盛りだくさん。

テクニック一覧.jpg
こんなにたくさんあるんですよぉ。

全てを使用しないといけない訳ではありません。
もちろん、時と場合、状況に応じて使い分けるんです。
これらのテクニックについては、少しずつご紹介していきますね。
posted by MACHA at 23:59| Comment(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

スケールテクニック

怒り・喜びなどを見える化する方法。

スケール = ものさし
感情そのものをものさしで測るという訳。

感情を一定の尺度の中に当てはめていくと、
自分の感情の幅がどれくらいなのかが分かりやすくなります。

10段階で作成すると使いやすいですね。
簡易スケール.jpg

この場合、怒りが10だとMAXいうことになりますね。
逆に1ならば、ほんの一瞬イラッとした感じかな。
あくまでも自分の尺度で測ってくださいね。


(例)
 昨日、こちらから挨拶したのにAさんに無視された
 ショック。そしてちょいムカついた 怒り3

いくらムカついたとしても、
怒りがMAXって、日常の中でなかなかならないですよね?
それが分かるだけでもかなり効果があると思います。
posted by MACHA at 12:52| Comment(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

アンガーログとハッピーログ

イライヤや怒り。
その瞬間のあなたの尺度は、一体どれくらいでしょうか?
怒りや喜びも、自分の中で10段階のスケールを作り、
その中に当てはめてみると、今の自分の状態がどれ程なのかが解ってきます。

これを記録していくのがアンガーログ

自分がどんな時に、どれくらいの怒りを感じるのかを目に見える形にするもの。
つまり「見える化」するってことですよね。

そして、書きとめておくことで、見直した時に振り返りが出来る。
さらには、一定期間記録していくと自分の傾向が掴めるというものです。
私は何度もチャレンジしていますが、本当にイライラしないんですねぇ。
なかなかページが進みません。はい。

イライラを記録しようと思っても、私の場合、なかなかノートを開かない。
という訳で、この際、ハッピーログも一緒に記載していくことにしました。

ハッピーログは、喜びや楽しいと感じたことを記録する訳。
私が通っている学校のクラブの部員たちにも早速挑戦してもらっています。

参考: ピアメディエーションのブログ ハッピーログでキャラ崩壊でも紹介しています。
20131126_181420.jpg
それにしても、高校生って表現が独特でとても面白いですね。
私なんかが想像しない言葉が続出。
ハッピーを表す言葉の中に「ふなっしー」や「キャラ崩壊」です。

自分たちがしっくりいく言葉をみんなで選び、記録していく。
少しずつですが、アンガーマネジメントの勉強に繋がればいいですよね。

怒りと上手に向き合うためにも、アンガーログを続けてみてはいかが?
posted by MACHA at 15:11| Comment(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする