2018年04月06日

言葉選びでイライラを減らそう

「女のくせに…。」
この言葉に昔はよくイラッとしたもんです
男性が中心の職場に女性が参入し始めると必ず言われていました
まぁ、この言葉があったからこそ頑張って来れたんですが

「女性だから・・・。」
この言葉も仕事柄本当によく言われてきました
プロ野球の公式試合前に甲子園球場のマウンドにいた時も
スポンサーがついていたとはいえ、よく思わない方がいたのは事実です

今の時代、男女平等って簡単に口にしますが、
実は、口で言うほど簡単じゃなかったなと実感しています
私がマウンドで喋っていたのは2000年〜2005年
男女共同参画社会とか、男女雇用機会均等法とかが言われ始めた頃です

当時、ちょうど大阪は太田知事でした
「女性が土俵には上れない」って問題になっていた頃ですね

だから、タイガースが調子良い時は、「女神や!」って言われ、
負けが続くと「マウンドを汚しおって!」と言われたりする時代でした

こんな言葉に傷つく人だっているんですよ
一部のファンは、ヤジを飛ばすのと同じ感覚だったんでしょうが
今の時代なら、すぐ「モラハラ」だって言われちゃいかねませんよね?

当時のことは笑い話
しっかりネタにさせてもらっております

今では、随分変わりましたよね
学校で出席番号が、男女混合の名前順になりました
「男の子は青、女の子は赤」という時代では無くなってきた訳です
今では、ランドセルだって色とりどりですよね?
男の子がピンク、女の子が水色ということも違和感なくなってきました
それくらい、時代は変わって来たということです

時代によって変わることって色々ある訳で、その都度風穴を開けてきた人がいます
すごいな〜って思う訳です
何でもそうですが、最初に何かしようとすると、必ず反発ありますもんね
負けん気の強い私も、色々頑張って来たなぁ(笑)

そんな私ですが、何でもかんでも「男女の区別はいけない!」とは思わないんです
男性だから得意なこと、女性だからできることってありまもん
だから、何でも型にはめる必要はないと思っているんです

それよりも、良い意味合いで使っていけたらいいのかな
「女だから・・・」「男だから・・・」という言葉もね

後につく言葉で印象変わるでしょ?

「女だから気が利くね」だったら嬉しいじゃないですか!

「女だからいけない」と否定的に捉えるのではなく、
「女だから良かった」と思ってもらえる社会が来るといいなって思ってます

今まで何度となく「女だから」「女のくせに」って言われてきた中で
ずっとその言葉と闘い続けてきた私の細やか願いです

言われて嫌なことは相手にも言わないようにしよう!
子どもたちに長年お伝えしていることです

同じ言葉から始まっても、後に繋がる言葉によって受け取る印象は変わります
言葉1つで相手を口撃してしまうこともあること
言葉選びの大切さを改めて感じています

言わなくてもいい一言をつい言ってしまわないように・・・。
自分も相手もイライラしなくて済むように、
ちょっとした「気遣い」大切にしていきませんか?

posted by MACHA at 16:25| エッセイ・エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする