2018年03月19日

子どもと共に学んでほしい

こんにちは
アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー池田真茶です
キッズ講座を行っていく中で、ここ最近考えさせられることがたくさんあります

昨年より、キッズインストラクター地域リーダーをさせていただいてます
これは、各支部のある地域において、
インストラクター仲間たちの勉強会や交流会を通じて横の繋がりを持てることと、
学んだことを活かして自分で講座を開催し、子どもたちに還元していくこと
意識向上のためもあり、とてもやりがいのある役割です

そんな私ですが、実は、キッズ講座は2年ほどご無沙汰していましたが、
さすがにそれではいけないなと今年に入り、キッズ講座を再開しました
自分も対応力をアップさせねばいけませんからね

試行錯誤の繰り返しですが、とにかく楽しい時間です

比較的やんちゃなお子さんと向き合っています
そのおかげで、説明をする時の言葉の選び方に苦戦し
穏やかな時間を増やしていくための工夫をし
感情がおさえられなくなった時の対応まで・・・

親御さんからすればヒヤヒヤしているのかもしれませんが、
私としては、とても嬉しくて仕方ありません
というのも、良くも悪くも、私の前で本音を出し始めてくれたんです

嬉しいだけでなく、
悔しいとか、腹が立つとか
大声あげたり、泣き出したり
笑ったり、茶化したり
いろんな表情を見せてくれるようになったんです
コロコロ変わるんです
まるで、ジェットコースター

家を出るときは、かなりぐずったとも聞きました
自分の思うようにいかないと怒るんでしょうね



実は、このような態度を取る高校生と丸2年やり取りしたことがあります
嫌だと言いつつ、必ず顔を見せに来てくれていました
ありのままを出せる相手としてぶつかってきてくれました

年齢は違いますが、その子にとても似ているなって感じています
だからこそ、何とか助けになってあげたいなと

経験から言えることは、
たぶん、とてもしんどいんだと思います
自分の事を誰も真剣に聞いてくれないとか、分かってもらえない
そんな風にどこか思っているんですよねー


やんちゃ君も同じとは限りませんが
時間が許す限り話を聴いてみようと思います
本人が今後も私に会ってくれるならばですが・・・


だって、他人を傷つけてほしくないし、
自分を痛め付けてほしくないんです

どんな子にも、
大きくなる前に自分の感情に向き合って欲しいと思っています
ゆっくりと気持ちを解きほぐしてあげたいもんです

キッズ講座を通じて、子どもたちにアンガーマネジメントを伝えることは、
楽しくもあり、難しくもあります
子どもたちの素直な気持ちを一緒に体感しながら
同じ目線で考え、悩み、浮き沈み
子どもたちと一緒に格闘し、乗り越えていきたいです

子どもの頃から自分の感情に向き合う時間
大切だと思うからこそ、こちらも体当たりで付き合っていきます

子どもと共に、是非、親御さんも一緒に学んでほしいと思います
別々に学ぶのではなく、できればすぐ傍で感じ取ってほしいんです
子どもには、子どもの生きる世界や考えがあり、
子どもなりに精一杯悩んでいるんですよねー

それは、聴いてみないと解らないことがいっぱいです
大人よりもデリケートで、大人よりも必死です

そんな事を、子どもと関わる度に子ともたちから教わります
子どもたちから学ぶことの方が多いんですよね

こだわりを少し弛めて子どもたちと接してみませんか?
そうすることで、違ったものが見えてくるかもしれません

子どもたちのためにも
怒りと上手に付き合うための工夫を一緒に探してみませんか?

posted by MACHA at 01:30| エッセイ・エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする