2015年10月25日

親子体験講座のご案内

11月7日(土)14時〜15時20分
大阪市鶴見区 鶴見区民センターにて
親子体験講座を開催します。

親子で一緒にアンガーマネジメントに関わるというのは、
怒りという感情について、共に向き合うということ。

1人で考えるのではなく、あえて親子で取り組むことにより、
自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちにどれだけ向き合えるか?
ということにもつながってきます。
つまり、別々に受講するよりも、解り合おうという意識が働くんですよ。

たった1つ。
そう、たった1分で構いません。

親も子も、自分のことだけでなく、相手のことを考える。
そんな時間となれば良いなと思っています。

お箸を持つように、字を書くように。
1つずつクリアしていければいいんですよ。

何も難しく考えることはありません。
ただ、1人ではどうしていいか戸惑うばかり。
それならば、同じ悩みを抱えた親子で一緒に考えてみませんか?
親子体験チラシ.jpg

posted by MACHA at 04:31| Comment(0) | 講座・研修・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

イラっとして、残念がきた

こんにちは、まちゃりんです。
北海道では、初雪を観測したとか。
いよいよ秋から冬へと支度が始まりますね。

さて、先日のこと。
比較的空いた電車に乗っていた私。
それでも、座れるほどではなく私も立っておりました。
さて、終点の駅で降りる時のことです。
ちょっとした出来事が目の前で起こりました。

電車が到着した瞬間、
本来の降車側のドアではなく乗車側のドアから
女性が勢いよく降りようとしたのです。

その女性は急いでいたんでしょうね、きっと。
それは、よく解ります。
けれど、乗車位置の先頭に立って待っていた
70代くらいの男性が乗り込もうとしていた訳です。

すると、どうなります?

そう。ぶつかりますよね?

それからが凄いんです。
勢いよくぶつかった女性は、
あろうことか謝るどころか、自分からぶつかっておいて
男性を手でおもいきりはね除けたのです。
間近で見ているこっちがびっくりして二度見をしたほど。

男性はというと・・・。

「おいコラ!」

声を荒げて女性を追おうと、乗った電車から振り返ります。
けれど、女性はもう既に走り去った後。
イライラは収まらないし、走って追うことも出来ず仕舞い。
チェッと舌打ちして車内を見渡すと・・・。

もう、そこには男性の座る席はありませんでした。
それほど一瞬の出来事だったんですよ。
けれど、周りの方々は我先にと座席を奪い合っています。
何ともまぁ残念な結果がそこには待っていました。

この場合、悪いのは女性の方ですよね、たぶん。
女性は、降車側ではない扉から出ようとした訳ですから。
しかも、男性を手ではね除けてそのまま立ち去っちゃった。

乗車位置の先頭で待ち、座席を確保できると思っていた男性。
まさか、女性が乗車口から降りてくるとも思わなかったでしょうし、
ぶつかってもまだ進路を変えることなく、バシッと手ではね除けた。
男性はその状況に動揺し、イラっときてしまったために、
つまり、周りに隙を与えてしまったために席が無くなった訳。

踏んだり蹴ったり。
とは、こういうことを言うのでしょうね。

さて、こんな場合、皆さんならどうされますか?

怒って女性を追いかけますか?
男性と同じく判断が鈍って残念な結果となるでしょうか?
それとも、そんなことには動じず座席優先となったでしょうか?

私が見ている限りでは、
この男性は、追うことが出来ていたら女性を捕まえていただろうなー
そんな雰囲気でした。

けれど、それができなくて余計にイラっときてしまった。

自分の本来の目的である座席の確保はできなかったんですね。
イラっとした瞬間、何もかも忘れてしまったのでしょう。
きっと早くから座席取るために並んで待っていたでしょうに。
どこにもあたることができず、男声は溜め息をついて扉の前で佇んでいました。

本当に、ちょっとしたどこにでもある出来事でした。

けれど、きっと人によって考え方はみんな違うんですよね。
自分にとって怒る必要のあるものかどうか。
そして、怒ることによって後で後悔しないかどうか。
選択するものもみんな違うはずです。

それら全て、自分の気持ちからきています。
もしもあの時、女性が走り去らなければ暴力ざたに発展していたかもしれません。
その点では、大事に至らず良かったなというのが目撃者としての私の感想です。

どちらを選んでも自分が納得できればそれでいいんですけどね。
それが難しい。けれど、一番大事なこと。

アンガーマネジメントは、
こんな時、衝動的に相手にぶつかるのではなく、
気持ちの仕分けをし、対処していくことを学んでいきます。
どうしてもという時だけ怒れるようなると、
必要以上に怒らなくてすむようになれるというもの。

日常には、イライラすることがいっぱいです。
身近なイライラから自分を開放し、楽になれるように・・・。
一緒にアンガーマネジメント始めてみませんか?
posted by MACHA at 00:18| Comment(0) | エッセイ・エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

イライラお助け専用ブログ

イライラお助け隊の専用のブログがオープンしました。

その名も「われらイライラお助け隊!

日本アンガーマネジメント協会のファシリテーター仲間で構成。
イライラを少しでも減らしていけるように、
身近な例を盛り込みながらお伝えしていきます。

一緒に「怒り」という感情に向き合ってみませんか?

現在は、イベントに向けて準備中。
これから、少しずつですが、メンバーが「怒り」や「イライラ」について
事例やその対処方法などをご紹介していきますよぉ
是非、覗いてみてくださいね。

われらイライラお助け隊ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/irairaotasuke
posted by MACHA at 11:29| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする