2015年08月28日

一生付き合うものだから

人見知りが治るまでは、人と話すのが苦痛でさ。
その場からどうやったら逃げ出せるかばっか考えてた。
けど、そうそう上手くいかへんから、よくイラッとしてたわ。
イライラって貯まるよねー
貯金は不得意なくせに、これは貯まるわ。

ある日、知人がそんなことを言いました。

今では笑い話です。
とはいえ、当の本人は必死の悩みだった訳ですね。

では、一体なぜイライラって貯まっちゃうんでしょう?

心の中には、溢れんばかりのいろんな気持ちがあり、
それが、どうにもこうにも扱えなくなる瞬間があるんですよね。
怒りという感情になる前にいろんな気持ちが交錯しているんです。

初対面の人にどうやって声をかけたら良いのか?

特に新学期などは、胃が痛くなるほどのストレス。
声をかけるタイミングやきっかけを考えるのがツラくて。
声をかけてもらえなかったらどうしようと不安に悩まされたり。

他人からどう思われているかなんて、先に考えたら動けません。
けれど、どうしても踏み出す一歩にブレーキをかけてしまいがちです。

特に、自分の気持ちを上手に表に出せないと悩みは増しますよね。
我慢しちゃう人は、コップぎりぎりの表面張力の状態まで耐えれちゃう。
だから、何か小さなきっかけで感情が溢れかえっちゃう。
一旦溢れてしまうと、我慢していた分一気に爆発。
沸騰し続けて、カラッカラになるまで沸き続ける訳です。はい。

このような状態になる前に、対処できれば良いですね。

自分の心の中のいろんな「気持ち」
それは、自分だけの大切なものです。
だからこそ、「気持ち」を労わってあげなきゃ。
その思いは、誰のものでもありませんからね。

心をコップで表すと解りやすいと思います。
コップに貯まっていく「気持ち」は何ですか?
その気持ちが溢れないようにするにはどうすれば良いでしょう?

アンガーマネジメントは、心理トレーニングです。

このような自分の気持ちと素直に向き合い、
ついイライラしてしまう「怒り」という感情に
どうすれば上手く付き合っていけるのかを考えていきます。

一緒に「笑顔の自分」を探しませんか?

考えや目線が変わるだけで、随分気持ちが楽になるはずです。
あえて自分に向き合うことって、意外と大変。

けれど、とても大事なんですよ。
「自分の感情」とは一生付き合っていくんですから。

イライラが減ったから、人見知りもなくなったのかもね。
知人の笑顔を見ながら、そんなことを感じました。
posted by MACHA at 07:07| Comment(0) | エッセイ・エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする