2015年07月31日

ひろの保育園 研修編

さて、いよいよ研修開始です。

どのようなシステムなのかは分かりませんが、
5つのテーブルに迷うことなく皆さんが着席されました。

20人もいると、同じ職場であっても『どこに座る?』
とかなんとかありそうなものですが、全くなし。
まるで、座席が決まっていたかのよう。
とても気持ち良いスタートが切れました。
DSCF9976.JPG
お遊戯会の発表は、ここでするんでしょうね。
とてもステキなステージでしたが、
より近いところで話をしたいと思い、ステージでの講演形式はせず。
しかも、ホールで20名へお伝えする状態なので、マイク無しでお話。
まぁ、声が大きいから必要ないですよねー

保育園の先生へお話するということで、
私が関わっている高校生との話も興味津々でした。

企業研修を考えておられる方には「へぇー」くらいの話も、
仕事のジャンルなどによって感じ方はまるで違うようですね。
私は子ども相手の話の方が体験談だから話がし易いのです。
作り話じゃないから、その時の自分の気持ちもしっかり話せるし。

これって、受け取る側からしたら大事なことだと思うので、
実際の体験から感じたエピソードを必ず1つは話すようにしています。
という訳で、日々エピソードを与えてくれる生徒たちよ、ありがとう!

より良い職場環境にしていくために…各々が考える価値観の共有。
時間は短かったですが、各グループで話し合いがなされました。

怒りとどうリンクするの?って思うかもしれませんね。
けれど、相手の気持ちが解ると、怒りは半減。
「そんな考え方もあるんだ!」と受け容れちゃう。
何もかも自分と同じ考えの人って「自分」以外にいませんからね。
ただ受け止めるだけでも変わってきます。
人は、みんな考え方が違うから面白いんですもの。
多様な考えに流されなくて良いけれど、自分との違いを感じるって…
実は、とても大事です。
DSCF9977.JPG
イラッと来たことも、自分で気持ちの仕分けをしていく。
気持ちは自分のものですからね。
一生付き合っていくもの。自分を形成する大事な感情。
怒らなくて済むようなことはどんどん頭から外して、次の楽しいこと考えましょう!

今回、私が気になったのは、コレです。
「主語・述語をきちんと使うべき」
これは、子どもさんを相手にしているからこそ気を付けたいことのようです。
ついつい短い言葉だけで処理しちゃいがち。
けれど、子どもたちは、何でもすぐ真似をしますからね。
意識して言葉を選んで発することが大切ではないだろうか?
という日々気になっていた思いが、べきとなって飛び出しました。

より良い保育園にするために…。
仲間の意識の高さや、目線を知ることとなったようで話が尽きませんでした。

子どもたちの成長の裏にある、先生方のこういった思いはとても大切ですが、
日々忙し過ぎて、つい後回しになってしまう「自分のこと」
頑張りすぎて自分の気持ちが疲れてしまわないようにしてほしいものです。

まずは、自分たちが感情を理解し、気持ちと向き合っていくこと。
結局は子どもたちにも伝わって、みんなが変わっていけるんじゃないかな?
研修を通して、自分のことを考える時間が取れて良かったと思う。
園長先生がおっしゃったまとめの言葉が印象に残りました。

アンケートにはどんな感想が書かれているのか?届くのが楽しみです。
posted by MACHA at 03:21| Comment(0) | 講座・研修・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひろの保育園 印象編

7月29日(水)17時30分〜19時
兵庫県三木市にある「ひろの保育園」へ行ってきました。

保育園は、基本的に夏休みってないんですよね。
志染(しじみ)という初めて降り立つ駅。
どの方向へ歩いて良いものか?地図と睨めっこ。
最近は、地図アプリという便利なものが出来たものです。
とはいえ、大きくして見ないと目印の建物は分からない、
大き過ぎると全体を見渡せなくて…。
結局、駅員さんに聞くのが一番早いという結末。
こういうことでも、イライラする人いるんだよね〜
私は、上手くいかないのが可笑しくて仕方ない。
そして、自分で自分に突っ込んでしまう。
「いつまでやっとんねん!」「って、まだやるかー!」
イラッとくるよりも、すぐその場を愉しんでしまうのね、私。

気付いたら家を出てからあっという間に2時間経っていました。
途中、乗換えを失敗したのも影響した訳ですが、
やはり、初めての場所には、ゆとりを持って行くに限りますね。

本当は、車だったら早いはずなんです。
けれど、長い間運転してないし…。
いつの頃からか電車やバスに揺られる道中を愉しむようになりました。

さて、園に到着したのが17時前、ちょうどお迎えの時間でした。
車からお母さんが出てきたり、おじいちゃんが歩いて迎えに来たり。
広域から通う園児もいるってことですね。

私は、近所の幼稚園でした。
毎朝、ルートに沿って集団登園でした。
大勢のお友達が家の前を手を繋いで迎えに来てくれます。
3年間毎朝の行事として、家の前でみんなで「あいさつ」
挨拶がとても大切だと思うのは、この時があったからかもしれません。

ひろの保育園さんは、現在180名ほどの園児が通ってるそうです。
20150729_164758.jpg
地域でも人気の保育園なんだと分かります。
職員さんたちを合わすと200人超えの空間ですよ。
毎日、元気な声が飛び交ってるんでしょうねー

19時までの延長保育もあるようでした。
会場へと移動中、数人の子どもさんとすれ違いました。
保育園って久しぶりなので、目線の低いものが多くて新鮮でした。

実は、私も保育士になりたいなと思ったことがあるんです。
なので、先生方の様子は私の方が興味ある訳です。

到着すぐに、園長先生とお話。
お電話で打ち合わせさせていただいた時のイメージとは違い、
小柄でほんわかした、優しい雰囲気の方でした。
声の印象だけで、テキパキとした男前なイメージ抱いておりました。
これが、勝手な思い込みってやつですよね。いかんいかん。

研修10分前にはほぼ全員集まられました。
DSCF9976.JPG
さぁ、いよいよ研修です。
posted by MACHA at 03:15| Comment(0) | 講座・研修・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

夏休みこそアンガーマネジメント

夏休みが近づいてきましたね。

1学期に学校であったこと。
職場での人間関係も。

この夏休みにしっかりと自分と向き合い、
怒りの感情をしっかりとコントロールできるように…。
自分自身をパワーアップしちゃう季節にしちゃいましょう!

下記の日程で行います。 希望日時をクリックして詳細をご確認ください。

7月20日(月)10:00〜11:30 入門講座 (豊中

7月20日(月)13:30〜16:30 応用講座 (豊中)
関西初のアンガーマネジメント応用講座を行います。
応用講座は、入門講座の内容にプラスしてアンガーマネジメントのテクニックを21日間のプログラムで実践していくための講座です。

8月のお盆の時期にも応用講座を行いますよ。
8月15日(土)13:30〜16:30 応用講座 (鶴見)

また、今回は初チャレンジとなる親子体験クラスを企画。
キッズのワークブックを使いながら、イライラを上手にコントロールできるように。
親子で話し合いながらワークをしていくことで、より良い関係を目指します。
8月15日(土)10:20〜11:40 AM親子体験クラス (鶴見)

さらに、怒りタイプ診断講座も。
怒りタイプ診断の講座は、自分がどんなタイプなのかを診断システムを使って簡単にチェックできます。
このシステムを使いこなすための講座です。
8月16日(日)11:00〜16:30 AM診断講座 (鶴見)

この夏は、是非、アンガーマネジメントを知って、
感情をきちんと表現できるよう、自分をさらにパワーアップしましょう!
ご参加、お待ちしています!
posted by MACHA at 01:52| Comment(0) | 講座・研修・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする