2015年03月02日

気持ちが沈まない魔法の呪文

先日の勉強会で、これまた話題になったことです。
「お疲れ様」って言うと、受け取った側は疲れちゃいますよ!
その言葉がとても新鮮でした。

日常の中で、ついつい使いがちな言葉。
「ご苦労様」「お疲れ様」ですが、
言葉って言霊(ことだま)って言われるくらいにパワーがありますからね。
何でもかんでも不用意に口に出すのは問題ですよね。

そこで、自分にとっても相手にとっても心地好い言葉選びが必要になってくる。
その時に「お疲れ様」って言うことはないって訳ですよ。

どうせ言うならば・・・
「ありがとうございます」などの感謝の言葉に変えてみては?
フムフム。一理ありです。
互いに気持ちが沈まないためにも良い言葉ですよね。

例えば、自分とは全く意見や価値観がちがったとしても、
相手が自分のことを思って言ってくれたことに対して
「ありがとう」とか「参考にさせてもらいます」とか。

批判的な言葉を言い返すよりも、互いに気持ちよくなる言葉を選ぶ。
不用意に相手を否定することはありませんもんね。
もし、一瞬でもイラッときてしまったら心の中で唱えてみる。
コーピングマントラとして使えそうじゃありません?

自分も相手も気持ちよくできるように・・・
言葉選び、言葉探しを始めませんか?
きっと「自分だけの魔法の呪文」が見つかるはずですよ。
posted by MACHA at 20:11| Comment(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体もイラッとしないために

先日、私の登録させていただいている
日本アンガーマネジメント協会関西支部の勉強会がありました。
2か月に一度のペースで行われているものですが、
仕事などでない限りなるべく参加をし、仲間の方々と情報を共有しあっています。

さて今回は、特別レッスンがあったんですね。
デューク更家の一番弟子が伝授! 講座の中で活用でき、心と身体が喜ぶエクササイズ

何だか知らないうちにタイトルまで付いていましたが・・・。
同じFT仲間にいらっしゃる伊達先生から直接指導を受けたんです。

私が感じたのは「解す(ほぐす)ことの大切さ」

やはり、心も体も繋がっていて。
健康が害されるとイラッとしやすくなってしまう。
だからこそ、日頃から自分の体もメンテしないといけないな〜

そんなことを痛感させられました。

実は、今年に入りいろんなことがありまして。

1月に歯が痛みだし、肩が凝り夜も寝れない日が続きました。
歯医者で診てもらうと、また神経を抜くことになってしまいました。
これで、3本目。
患部の歯を開けてみると、やはり炎症を起こしていたとか・・・。

そのうち風邪をひいてしまい、咳込んでいるうちに肺が痛くなり。
そのうち、花粉やら黄砂やらに負けてしまってコホコホ。
声も久しぶりにガラガラのハスキーボイスに。
おかげで、歯の治療も咳が治まるまで延期するほど。

ホッとしたのもつかの間。
今度は、右肘辺りの筋が痛み出し、捻れない。
医者に行くとテニス肘と診断を受けてしまった。

体の不調は、毎年冬にドカンとやってきます。
寒いのが苦手で、この季節は家も出たくないと思うほど。
余計に体には良くない訳ですよね。

今だからこそ、できることはないものか?

そう思って、最近は、簡単なストレッチをし始めたんです。

ちょうどそんな時に、勉強会があったのはラッキーでした。
実に不思議なことですが、プロの先生から教わったものは、
意外と体ほぐしをしている時の独自のやり方とかなり似てたんです。
とはいえ、ちゃんと裏付けのあるプロの話は本物な訳で・・・
今日からは、独自療法ではなく教わったことに変更です。
これで、イラッとしなくなるならさらにラッキーですよねー

とにかく最近は、
@ 肩甲骨周りを解すこと
A 呼吸を長くすること
これだけは、気を付けています。

まだまだスリムな体に戻れそうもありませんが、
それでも、不健康な状態よりは良いと割り切りつつ。
ほんの少しずつは体に良いことを増やしていこうと思っています。
だって、これ以上大きくなると、服が着れなくなってイラッとするんだもん(笑)

心と体は繋がっている。
ホント実感です。

イラッとしないためにも、心と体のメンテしませんか?
気持ちのメンテは、アンガーマネジメントでね!
posted by MACHA at 19:33| Comment(0) | エッセイ・エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする