2014年11月24日

アンガーマネジメント授業

秋になり、どの学校もイベント目白押し。
1年で一番活動が出来る時期でもありますね。

さて、11月に入り、
府立福井高校にて1年生36名、2年生48名に
アンガーマネジメントをお伝えしてきました。
この学校では、毎年秋になると人権HRがあり、
外部講師が様々なことをお伝えする機会があります。
中でも、LGBT、セクシャルマイノリティ。
飢餓、リハビリメイク。
平和問題、デートDVまで多様なジャンルが集結。
その中に雑じってアンガーマネジメントをお伝えしてきました。
DSCF9516.JPG

協会の入門講座の内容を、より解り易くするために
アニメーションを多用してパワーポイントを作成して挑みました。
少しでも生徒さんたちに興味を持って聴いて欲しかったから。

生徒って不思議なものですよね。
突っ伏しているからって決して寝ている訳ではなく・・・
ダラダラしていても、耳だけはダンボになっていたりして。

ちょっとだけ抵抗しているんでしょうか。
それとも、ちょっぴり恥ずかしいのかもしれませんね。
聞いていないようで、しっかり聴いてくれているんです。
レジュメ2枚に自分なりにいっぱいメモを取りながら受けてくれました。

おかげで、授業終わりで記入したアンケートには言葉がいっぱい。

試してみます。
自分を変えていけるような気がした。
Happyになりました。

授業をしっかり聴いていないと書けないような、細かい内容まで。
それはそれは嬉しい限りです。

何より、『アンガーマネジメントを選んで良かった』

この一文が、どれだけ嬉しかったことか。
お伝えする仕事をしていて、こちらまでが笑顔をもらえる瞬間です。

アンガーマネジメントは、講座を通じて自分と向き合うことができる。
そして、どうすれば笑顔に近づけるかを考えるきっかけとなります。

一生付き合っていく自分の感情ですからね。

生徒さんを中心に、教員の方々、ご父兄の方にまで
しっかりとお伝えしていきたいと思っています。

社会に出る前にお伝えしたいこととして・・・
posted by MACHA at 23:08| 講座・研修・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする