2014年03月29日

常識って誰から見たモノ?

久々にイライラをモロに受けてしまいました。
思い通りにいかないのが原因のようです。はい。
まさかイライラ爆弾を投下するとは・・・意外でした。

何を優先するのか?
今、イライラを見せるのは効果があるのか?
そして何より、この状況を変えると誰が満足するのか?
とまぁ、いろんなことを考えてしまう訳ですよね。

私にイライラをぶつけるのは、全然構いません。
悪い部分はあったと思うので、ご指摘いただいて感謝です。
私が悪いと思う部分は、きちんと謝ります。
ご迷惑をかけたようでごめんなさい。
今後、気をつけようと気が引き締まりますし有難いです。

けれど、そのイライラの出し方は良いのかどうか・・・
そう考えると、ちょっぴり疑問です。

う〜ん、どうしたもんでしょうか。
常識だけでは片づけられない部分があると思っている私。
それは「気持ち」という目に見えない、とても大切なもの。

けれど「ルール」や「常識」には気持ちは歯が立ちません。
上司の言い分、大人の言い分、賢い人の言い分。
子どもが親に言い返せないのと同じです。
強者が「気持ち」よりも「常識だ」と言えば何も言い返せません。

しかし「気持ち」という部分を一番大事に考えている時に、
「ルール」という名の下、場を強引にコントロールしていいのか?
いつも悩みます。そして、哀しくなってきます。

何事も「ルール」という枠の中で、伸び伸びやるから格好いいんだ!
そんなことは、重々承知しています。
サッカーや野球など、ルールが無かったらどうする?なんて、
とある授業で生徒に問いかけたこともあるくらいですからね。

ただ、常識では考えられない!
と頭ごなしに「悪い」と決めつけるのはどうかと疑問に思う訳でして。

もちろん、意識してルールを破ろうと思っている訳ではありません。

しかし、時間をかけじっくりと根気よく積み上げてきたものが、
「常識」という枠に入れたことで崩れてしまったらどうでしょうか。

情報化社会の今、特に仕事において、早さに付いていけない人がいるんです。
仕事は丁寧なんだけど、急ぐってことがちょっぴり苦手さんっている訳です。
おっとりさんは早さを求められたら、時に苦痛だったりするんですよ。
解ってもらえなくて、仕事に行けなくなる人だっているんだって。

そこへ、出来のいい人が「常識」という言葉をチラつかせたらどうでしょう?
「ルールだからイケナイよね?」「そんなの常識でしょ?」

「常識」や「ルール」が目の前で覆された時、
自分の思い通りにいかないイライラを相手にぶつけてしまいがち。

けどね。それで満足かしら?
それで、誰が得をするでしょうか?
上手くいかなくて、モヤモヤはさらに増えるんじゃないかな?

頑張ろうと取組む「努力」や「意欲」という目に見えない部分というのは、
一旦やる気を削がれてしまったら、取り戻すのが大変な訳ですよ。
イライラという爆弾が投下された瞬間に気持ちが萎えてしまう。

ということは、気持ちは寄り合えなくなってしまいますよね?

常識を盾にして、自分の思いを適えたいんでしょうけどね。
何故、イライラしてるのか?が解らないと解決させるのは難しい。

「常識」って一体誰からみた常識なの?
自分の価値観メガネを通して見るとキレイに見えないことがある。
そんなことを解って欲しいなと思います。
だって、「べき」が違うんですからね。

価値観が全く違うから面白いんだから・・・。
今後も根気よくお伝えしていくつもりです。

それにしても、今回は『早く帰りたかった』だな、たぶん。
posted by MACHA at 01:57| Comment(0) | エッセイ・エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

春はアンガーマネジメントから

春です。桜の木が、むずむずしているようです。
枝先が濃いピンク色の蕾をつけ始めました。

新しい人間関係を構築する季節。
どうしても他人とのやり取りで気を遣い過ぎるので、
ちょっとしたことでイライラを貯めやすくなります。

それほど細かいことに気を遣うんですよね。
他人との関係も大事だけれど、自分の気持ちも大切ですよ。

この際、アンガーマネジメントをちょっと学んで、
イライラしがちな感情を減らしませんか?

3月の入門講座
 3月21日(金)10:00〜11:30
  大阪市鶴見区 鶴見区民センター 集会室

 3月29日(土)14:00〜15:30
  豊中市 駅前付近  →  小さな会場の為、こちらは満席となりました。

4月の入門講座
 4月4日(金)10:00〜11:30
  大阪市鶴見区 鶴見区民センター 集会室

詳しくは、右のカラムにある日時からお申込みフォームへ!
皆さん、春こそアンガーマネジメントの季節ですよ。
posted by MACHA at 10:49| Comment(0) | エッセイ・エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

他人の失敗って

先日のこと。
部活で話をしている時のことです。
生徒Aさんが立ち上がった瞬間に椅子に引っかかり転びそうになりました。
必死で椅子につかまり、何とか転ばずに済んだのですが・・・
一瞬のこととはいえ転ばないようにするだけで大変だった様子。
何とかツルンといかずに済んだので、本人としてはホッとしていました。
ところが、その瞬間を見ていた他の生徒Bさんが笑い出したのです。

そう。他人の失敗は面白いんですよね。

Aさんのおっちょこちょいは今に始まったことではないので、
いつものことだからと、Bさんは笑ったんだと思います。

Aさんとしては、自分の失敗を笑われたんです。

他人から失敗したことを笑われるのは…不愉快ですよね?
けれど、学校生活では日常的によく見かける光景です。

こんな時、皆さんならどのタイミングで、どんな風に声をかけますか?

私はというと…実は、しばらくほっておいたんです。
2人はどのように行動するだろうか?
周りの部員たちはどうするだろうか?

Bさんの笑いを「笑っちゃかわいそうですよ」と周りが止めようとしたんですね。
それに対し「だって、面白いもんは笑ってしまうやろ?」と悪気のないBさん。
とうとうAさんは、イライラを言葉でぶちまけ、一旦、部室から出ていきました。
そう。タイムアウトです。
「怒り」が起こったその場から離れ、冷静になることを選んだんです。

生徒たちにはタイムアウトというものをきっちり教えたことはありません。
けれど、暴言を吐いたりした場合、一旦部屋から退場させ、落ち着いてから戻って来るように普段から話だけはしていました。
元々、Aさんは気分が乗らないと理由を付けては部屋から一旦出るということはする生徒でした。
なので、今回も大丈夫だと思って見ていたのです。
案の定、Aさんは、少し落ち着いたところで戻ってきました。

ピアメディエーションを学ぶ生徒たちは、ここからがお勉強です。

@ まずは事実の確認です。
 Aさんが転びそうになったこと。何とか転ばず済んだこと。
 Bさんは、その様子を見て笑ってしまったこと。

Aでは、本当の気持ちはどうなんだろう?
 Aさんは、失敗しようと思って転びそうになった訳じゃない。
 他人事やと思って、笑ったその態度にムカついた。謝ってほしい。

 Bさんは、他人の失敗程面白いものはない。それにいつものこと。
 大したことじゃないのに、そんなに怒る必要あるの?謝る意味がわからん。

双方の意見はみごとに食い違い、平行線でした。
そこで、みんなに聞いてみました。

Bもし、自分がAさんやBさんの立場だったとしたらどう?
 『自分が笑われたことを考えたら、やっぱり嫌』
 『失敗を友達に笑われたらカナシイ』
 『けど、つい笑ってしまうわ』
 『その瞬間になってみんとわからん』など色々な答えが出てきました。

けれど、1つ確認できたのは、
自分のこととして考えたら、失敗を笑われるのは心地好くないということ。

Cならば、どうすればいいだろう?
 他人の失敗を見て、笑うのはあまり良くないかな。
 『大丈夫?』って心配する方がいいな。

間に入ってきちんと気持ちを整理していくと、
本人だけでなく周りで目撃した人たちも自分に置き換えて考えていけます。

ピアメディエーションを学ぶにあたって必要になってくるのは、
まずは、自分の感情のコントロール。そして、相手の気持ちも考えてみること。
アンガーマネジメントのテクニックも、フル活用です。

もちろん、帰る時には仲良くなっている訳ですが、
自分目線だけでなく、相手の気持ちにも目を向けられる人になって欲しい。
視野の広い、度量の大きい人になってもらえたらいいなと思っています。

PMクラブでは、活動を通じてこうやって日常から学んでいくのであります。
posted by MACHA at 03:42| Comment(0) | エッセイ・エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする